太い 原因 美脚

MENU

太くなる原因に合わせたダイエットを選択する

日本人は洋ナシ体型になりやすいといわれています。上半身はすっきり痩せているのに、下半身はぽっちゃり…脚がゾウのように太くなってしまっているのですから、なんともアンバランスな体型です。そんな脚はなかなか痩せにくく、ダイエットをしてもあまり効果を感じない事も…。

 

脚が太っているという人は、内ももにすき間が無かったり、外ももが張り出していたりします。これはズバリ、セルライト。セルライトの付き方が人によって異なるのです。

 

脚をすっきりきれいに痩せさせたい場合は、まずはその太くなってしまった原因を探るようにしないといけません。これまで試してみたダイエットで思うように結果が出ていなかったという人は、そのダイエット法がその人の脚痩せには合っていなかったということなのです。脚が太る理由さまざまで、原因によってダイエット方などが違ってくるのです。内もものぷにぷにした部分や、外ももの硬くなった脂肪をとるための適した方法をおこなうようにしましょう。

 

もちろん、これは脚のダイエット法として定番となっているエクササイズにも同じことが言えます。原因によって効果的な方法を選ばなくてはいけませんから要注意です。


太ももの外側と内側にセルライトが付きやすいタイプは?

昔、スポーツをしていた女性などに多いのが、太ももの外側にセルライトががっつりとついているケースです。まるで外側に張り出しているような感じになっており、まさに筋肉太りともいえるタイプです。体を動かす事は好きだけど、食べる事も好き…なんて人に陥りやすい足の太り方で、鍛え上げられた筋肉の上に脂肪が乗っかってしまっているのです。

 

逆に、普段からスポーツをすることがなく、デスクワークを中心とした仕事をしているなどは、また、太ももに隙間がない脚の太り方をします。ぷにぷにの脂肪でみっちりと埋まってしまっており、その太さも余計に目立つものに…。運動習慣がないだけに、筋肉をつけながら脂肪を燃焼していく事が、きれいな足をつくるのには不可欠となります。

 

また、太ももの内側と外側だけでなく、太ももとおしりの境界線がない…なんて太り方をしている人もいます。骨盤が張ってお尻が大きく、それが垂れて太ももとの境界線を失くしてしまっているのです。その後ろ姿は老けてみえて…まるでおばさんです。太ももとお尻の境界線がなくなるのは、骨盤が歪んでしまうからです。ですから、まずは骨盤を矯正してゆがみを直し、お尻から太もも部分の筋肉を鍛えてヒップアップすると効果的なのです。


セルライトとむくみ

太ももの外側や表など…ここにセルライトがつきやすい人というのは、体重が急激に増えやすい人の特徴となっています。一時的に食べ物を食べすぎたり、妊娠がきっかけで急激に太った、逆に過激なダイエットで急激に痩せた…なんてことがあると、脂肪や老廃物が蓄積。その溜まった脂肪がセルライトになるわけですが、セルライトも均一にきれいにつくとは限りませんので、太ももがぼこぼこになってしまうのです。

 

一度できたセルライトは二度と消えないと言われていますが、薄くすることはできます。その方法とは、十分に温めて脂肪を燃焼させながらマッサージをすること。適切におこなうことで、セルライトを十分に目立たなくさせる事ができます。

 

また、むくみが原因で足が太くなってしまっている人もいます。脚がむくんでしまっている人というのは、太ももだけでなくふくらはぎも太くなりがちで…足首にメリハリがなくなってしまっています。靴下の跡がくっきりと残ったり、朝と夕方で靴の足のサイズが違う…といった症状がみられるようであれば、むくみが原因で脚が太ってしまっている可能性が大でしょう。このタイプの人は、普段からあまり汗をかくことがなく、手足が冷えている…つまりは、冷え性の可能性も。冷え性を改善しながらむくみのケアをしていかなくてはいけません。


エクササイズと定期的な有酸素運動

どの足の太り方をしていても、エクササイズは欠かさないようにしたいもの。なぜなら、エクササイズは悩みや原因に応じたやり方が用意されており、かかる負荷も状況に合わせて調整することができます。

 

太もものように脂肪が多い部分においては、有酸素運動が最適で効果も出やすいものとなっています。運動で言えばジョギングやウォーキング、そして水泳です。外に出て走ったり、水泳ができる施設に通うのはちょっと無理…なんて場合は、お家の中でできる範囲でやるようにしたいもの。踏み台昇降運動やエア自転車こぎ、そしてその場で足踏みをするだけでもいいですね。天気の悪い日などでも、これなら無理なく続けることができます。

 

踏み台昇降運動では、15p程度の台の上に昇ったり降りたりするようにします。エア自転車こぎでは、寝っ転がって脚を高く上げて自転車のこぎかたを真似します。そして、足踏みでは太ももを高く上げるようにし、膝が地面と水平になるように意識しましょう。こうした軽い運動を定期的におこなうことで、程よく筋肉がついて痩せやすい体になっていきます。

 

産後ダイエット


更新履歴